小湊鉄道は、千葉県の五井駅から上総中野駅間39.1kmを結ぶローカル線です。
IMG_047小湊鉄道で活躍するレトロなキハ200形6.JPG
△小湊鉄道で活躍するレトロなキハ200形

小湊鉄道の起点となる五井駅は、千葉県市原市の中心部にある駅。東京駅からならJR内房線の特急さざなみ号で40分ほどです。
スポンサーリンク




昭和初期に製造された古い気動車(キハ200形)が運行していることや、木造駅舎が多数残っていることなどから、小湊鉄道は人気の高いローカル線です。

JR内房線の五井駅から跨線橋をわたって小湊鉄道のホームへ。昭和30年代に製造されたという、小湊鉄道のレトロな車両がアイドリング音を立てていました。

近代的なJRの電車から昭和年代のディーゼルカーへ。まるでタイムスリップしたかのようです。

小湊鉄道の車両はシートはロングシート。

五井駅を出た小湊鉄道の列車(キハ200形)は、JR内房線の線路と分かれ、しばらく市原市の煙突が並ぶ工場群を映し出して走っていきます。

このエリアは京葉臨海工業地区の一角を成しているエリアです。

しばらく走ると小湊鉄道の列車(キハ200形)の車窓には、のんびりした田園地帯が広がってきます。郷愁を誘う風景です。
IMG_04車窓風景89.JPG
上総牛久駅を出ると、その先は列車の本数は一気に減少。木造の駅舎が次から次へとあらわれます。

田んぼの中に、ぽつんと立つ木造駅舎は大正14年につくられた上総鶴舞駅。

ベンチや待合室も木造というレトロ感ある駅で「関東の駅100選」にも選ばれました

小湊鉄道は大正13年に開業した鉄道ですが、小湊鉄道の沿線には、上総鶴舞駅のほかにも、上総村上駅、高滝駅、馬立駅ほか古い木造駅舎が多数見られます。
スポンサーリンク




ベンチに座ってゆったり梢に遊ぶ小鳥のさえずりを聞いているだけでも癒されそうです。

IMG_037車窓風景3.JPG

次第に小湊鉄道のの列車(キハ200形)は山深いエリアに入っていきます。

上総久保駅を出ると、養老川をせき止めてつくった高滝ダムの北部分を渡り、両側には山が迫ってきます。

里見駅、飯給駅と過ぎ、ドラマ「世界の中心で世界を叫ぶ」のロケ地として注目された月崎駅へ。

月崎駅の付近は、春になると桜や葉の花が咲き乱れます。


» 

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。