高知 土佐山田 061.jpg

高知県には県の西部と東部に土佐くろしお鉄道という第三セクター鉄道が走っています。高知県の東部に走るのは、土佐くろしお鉄道(ごめんなはり線)。
スポンサーリンク




JR土讃線との接続駅でもある後免駅から、室戸岬にある奈半利駅間の82.5kmを結んでいます。

土佐くろしお鉄道(ごめん・なはり線)にはさまざまな形態の車両が運行していますが、なかでも大人気は「太陽号」。

「太陽号」は車両の先頭が、クジラをイメージして施されたというデザインで、海側がオープンデッキになっています。

土佐湾の潮風を受けながら眼下に広がる景観を満喫できるだけあって、観光客たちのお目当てとなっています。

高知 土佐山田 059.jpg

後免駅を出ると、土佐くろしお鉄道(ごめん・なはり線)の列車は高架を走っていきます。

のいち駅付近までは民家群を見下ろし、よしかわ駅を過ぎると、右車窓には土佐湾が広がりはじめます。

夜須駅付近にはヤシの木が林立するビーチも広がっていてすっかり南国ムード。

ちなみに、夜須駅前には、道の駅を併設した「ヤ・シィパーク」もあり、地元の特産物を手に入れることができます。

夜須駅からトンネルを抜けると再び車窓には土佐湾。

その絶景を車窓に映しだしながら、土佐くろしお鉄道(ごめん・なはり線)の列車は西分駅、和食駅、赤野駅、穴内駅と停車していきます。

この区間、海岸には風光明媚な「琴が浜」がつづきます。室戸岬の海岸線に沿って連なる松林とどこまでも広い大海原・・。旅情あふれる風景です。

穴内前駅を過ぎると、民家の数も増えてきて球場前駅に停車。球場前駅は、阪神タイガースの春季キャンプが行われる安芸市民球場の最寄り駅。

春季キャンプ時には、タイガースファンが数多く乗降します。

ちなみに、土佐くろしお鉄道(ごめん・なはり線)には黄色い車体に縦縞でタイガースのロゴマークまで入った「タイガース列車」という車両も運行していてタイガースファンたちに大人気です。

高知 土佐山田 047.jpg

球場前駅の次は安芸駅に停車。安芸駅の付近は、土佐くろしお鉄道(ごめん・なはり線)沿線のなかでも最もひらけたエリア。

安芸市は三菱財閥を興した岩崎弥太郎の出身地としても知られています。

» 

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。