IMG_4820JR只見線.JPG

福島県の会津若松駅〜新潟県の小出駅間の135.2kmを結ぶのがJR只見線です。
スポンサーリンク




JR只見線は 只見川に沿って連なる渓谷が美しく展開する人気のローカル線です。

JR只見線の列車の起点となるJR会津若松駅は、NHK大河ドラマ『八重の桜』の舞台となった鶴ヶ城(若松城)の城下町の北端にあります。

IMG_484会津若松駅4.JPG
△鶴ヶ城の城下町を感じさせるJR会津若松駅

会津若松駅を出発したJR只見線の気動車は、しばらく民家のなかを抜け湯川を渡って西若松駅。

西若松駅で会津鉄道と分岐して会津盆地を西へ。磐梯山をバックに広大な田園地帯を抜けていきます。

JR只見線といえば「寅さん」のロケが行われたことでも知られています。『渥美清/男はつらいよ 柴又より愛をこめて』では、会津高田駅から主人公の寅さんが圓蔵寺の門前町にある会津柳津駅に向かうJR只見線の列車旅をするシーンが登場しています。

会津坂下駅を出ると、JR只見線の列車は丘陵地を越えていく形で気多宮宿の街並みを映し出し塔寺駅へ。

滝谷駅を過ぎると、只見川に沿いながらJR只見線の列車は深い渓谷に分け入っていきます。

只見川を鉄橋で3回渡ると早戸駅。春は新緑、秋は紅葉が美しい渓谷です。さらに只見川を遡上し、列車は会津川口駅へ。

1 03JR只見線9.jpg

本名駅を出ると、ダムを見上げ只見川を鉄橋で渡って本名トンネルに入ります。800〜1300m級の山々に囲まれた只見川沿いを走っていくJR只見線の列車。
スポンサーリンク




まさに秘境といえる車窓風景です。

» 

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。