IMG_471「特急いさぶろう・しんぺい」(左)と「特急かわせみ・やませみ」(右)9.JPG
▲JR肥薩線で活躍している「特急いさぶろう・しんぺい」(左)と「特急かわせみ・やませみ」(右)

「特急いさぶろう・しんぺい」は、熊本から吉松駅間を、JR鹿児島本線とJR肥薩線経由で結ぶJR九州(九州旅客鉄道)の特急列車です(熊本〜人吉間が特急列車として、人吉〜吉松間は普通列車として運行)。
清流球磨川に沿って走る区間あり「日本三大車窓」に数えられる「矢岳越え」がありと風光明媚な車窓風景も人気です。

JR九州の「特急いさぶろう・しんぺい」のデザインを担当したのは、「特急ゆふいんの森」や「九州新幹線つばめ」などのデザインで知られるドーンデザイン研究所(水戸岡鋭治氏代表)。もともとは通勤型車両として運行されていたキハ40系気動車を観光向けに改造し、人気特急列車へと変貌させました。

JR九州の「特急いさぶろう・しんぺい」の外観はえんじ色で落ち着いた雰囲気。車両中央部には車窓風景をワイドに楽しめるよう展望窓が設けられています。その車内は木材を多用した落ち着きのある空間に仕上げられています。座席は上部が格子状になった4人掛けのボックス席で、重厚感を感じさせます。車両中央部はコモンスペースとなっていて、ベンチやカウンターテーブルなども設けられています。
IMG_4891古き良き時代を感じさせる「特急いさぶろうしんぺい」の座席.JPG
▲古き良き時代を感じさせる「特急いさぶろうしんぺい」の指定席

ちなみに、「特急いさぶろう・しんぺい」という変わった列車名は、国鉄肥薩線の開通に尽力した鉄道院総裁の後藤新平(ごとうしんぺい)と逓信大臣の山縣伊三郎(やまがたいさぶろう)に由来しています。通常期は2両編成の運行し、2号車の7席を除いてすべて指定席です(SL人吉が運行される日は3両編成で走ります)。下り列車(熊本・人吉→吉松)が「いさぶろう号」上り列車(吉松→人吉・熊本)が「しんぺい号」という列車名で走ります。

JR九州の「特急いさぶろう・しんぺい」には客室乗務員が乗務しているのも特筆すべき特徴。客室乗務員は観光案内や車内販売、写真撮影手伝いなどに携わり、乗客がより良い列車旅を楽しめるよう力になってくれます。

» 続きを読む

古びた駅舎、郷土の食材を使った駅弁、出会う人々、車窓に流れる四季折々の風景・・鉄道をつかった旅にはさまざまな魅力があります

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。

JR特急電車や新幹線を使った列車旅はスピードと快適さが魅力です。ゆったりとしたリクライニングシートに腰かけて楽な姿勢を取りながら、静かで優雅な旅を楽しめることでしょう。停車駅も少なく、次々と車窓風景が変わっていきます。足早に目的地に到着し観光やビジネスに時間をたっぷりとれるというのも、JR特急列車や新幹線を利用するメリットです。一方、鈍行列車を使った列車旅にはまた違った趣があります。レールの軋みに合せてゆっくり車窓風景が展開していきます。小まめに停車する駅では沿線の学生やサラリーマンたちが乗り降りし、会話が聞こえてきます。そこには地域の文化をや気質が見え隠れしてそこにも面白さがあります。
スポンサーリンク
鉄道を使った旅には、目的地にたどり着く交通手段としてだけではなく、地域の人々や四季の風物を味わえる物語が展開しているような気がします。