土佐くろしお鉄道(中村・宿毛線)41749.jpg

高知県南西部を走る土佐くろしお鉄道(中村・宿毛線)


土佐くろしお(中村・宿毛線)は、高知県宿毛市の宿毛駅から四万十市の中村駅を経て、窪川駅へ至ります。


普通列車はワンマン運転で1両編成の列車が1〜2時間に1本運行しています。


1980〜90年代に製造されたTKT8000形気動車がメインで活躍中。ステンレスの車体にライトブルーとマリンブルーの帯が入っているのが特徴です。
土佐くろしお鉄道(中村・宿毛線)41747.jpg

座席はセミクロスシートでドア近くがロングシートになっています(一部はオールロングシート)。


土佐くろしお鉄道中村・宿毛線の分岐駅である中村駅は、四万十川や足摺岬の拠点。中村駅からタクシー20分ほどの距離には290mの長さを誇る沈下橋もあります。車窓に広がる太平洋はダイナミック。
土佐くろしお鉄道(宿毛線)41748.jpg
土佐くろしお鉄道(中村宿毛線)41745.jpg
終点の宿毛は、だるま夕陽で有名なまちです。
スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。