東海道新幹線 名古屋のホームから名古屋市営地下鉄桜通線(西改札口)への行き方をご案内した動画。1階から地下2階へ降りていく階段が長く、代替となるエレベーターの位置が分かりにくいため、前半で「エスカレーター+階段」、後半(3分48秒〜)で「エスカレーター+エレベーター」での行き方を紹介。


(乗り換えのポイント)

名古屋駅には、名古屋市営地下鉄が2路線(桜通線、東山線)が走っています。この動画では、そのうち、桜通線への行き方をご案内。新幹線名古屋駅を降車すると、ホーム階から一階に降りていき、「出口」と記された方向に進んで改札を出ます。

※ちなみに、下り専用エスカレーターは、8号車、12号車付近、エレベーターは8号車付近にあります。

「出口」と記された方向に進むと、新幹線南口または新幹線北口の改札があります。

改札を出ると、銀時計のある中央コンコースを挟んで新幹線南口と新幹線北口が向かい合う形で位置する場所に出てきます。

新幹線南口の場合、斜め右前方に、地下鉄桜通線(西改札口)に降りていく階段があります。

地下鉄桜通線(西改札口)な地下2階にあります。その階段の脇にはエスカレーターもありますが、残念ながら、上り専用なので、階段で降りていかざるをえません。

階段を回避するエレベーターがあるのですが、この場所が非常に分かりにくいです。

そのエレベーターはどこにあるのかというと、新幹線南口改札を出て、中央コンコースを桜通口方面に歩いた右手にあります。

エレベーターで地下2階に降りると、地下鉄桜通線(西改札)ときっぷうりばのすぐ近くに出てきます。

(PR)【乗り換えさん】


スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。