SnapShot12.jpg

名古屋駅から大阪駅まで新幹線を利用して移動する場合、名古屋駅〜新大阪駅は新幹線に乗車し、新大阪駅〜大阪駅は在来線(JR京都線)に乗ってアクセスするのが一般的です。

名古屋駅=(新幹線)=新大阪駅=(JR京都線)=大阪駅

名古屋駅で新幹線の構内に入る際には、券売機(またはみどりの窓口)できっぷを購入します。きっぷは通常、2枚(乗車券、新幹線特急券)渡されます。

新幹線の改札を通る際には、新幹線の改札口にて、きっぷを2枚重ねて自動改札機に入れます

すると、改札内に入場したことが記録され、2枚とも手元に戻ってきます。改札を通ったところに掲げられている大きな電光掲示板で、乗車する新幹線の行き先やホーム番号を確認。エスカレーター、階段などでホームに上がります。

新大阪、広島、博多方面の新幹線に乗車します(新大阪駅にはのぞみ、ひかり、こだまともに、全列車、停車します)。名古屋駅〜新大阪駅の乗車時間は、のぞみ号で約50分です。

新大阪駅で新幹線を降車したら、ホーム階からひとつ下の階に降りて「JR線のりかえ口」改札に向かいます。「JR線のりかえ」と記された案内表示の矢印方向に進むと「JR線のりかえ口」改札にたどりつきます。

「JR線のりかえ口」改札ではきっぷ2枚を重ねて自動改札機に入れます。すると、新幹線特急券が回収され、乗車券のみ手元に戻ってきます
「JR線のりかえ口」改札を通ったら、次は在来線(JR京都線)に乗り換えです。

ホーム番号を示す数字が在来線構内にあちこちに掲げられているので、7番のりば8番のりばを示す数字「7」「8」の方向に歩き、エスカレーターや階段でホームへ降りましょう。

新大阪駅から「7番のりば」または「8番のりば」に入線してくる電車に乗車します。新快速・快速(姫路行・網干行・播州赤穂行など)、普通(西明石行、須磨行・新三田行・宝塚行など)いろいろ電車が入線してきますが、どれに乗車してもOKです。

IMG_1998-thumbnail22.jfif

新大阪駅を出ると、ひと駅目が大阪駅です。乗車時間は約4分です。大阪駅に到着すると、「出口」と記された案内表示を探して矢印方向に進みます。すると、出口となる改札口にたどりつきます。改札口の自動改札機にきっぷ(乗車券)を入れるときっぷは回収され、改札外に出ることができます

なお、大阪駅の構内は広く、出口となる改札口は、1階に中央口、桜橋口、御堂筋口、御堂筋南口があり、3階には連絡橋口があります。もし、大阪駅で待ち合わせなどされている場合など、どの出口か、事前に確認しておくのがよいでしょう。
スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。