IMG_京都〜天橋立を結ぶJR西日本の287系特急はしだて号
▲京都〜天橋立を結ぶ特急はしだて

特急はしだて・まいづるはJR嵯峨野山陰線を走るJR西日本の特急列車です。

IMG_57JR特急「まいづる」にも使われている京都丹後鉄道の「丹後の海車両」98.JPG
▲京都〜東舞鶴を結ぶ「特急まいづる」


JR嵯峨野山陰線の列車が発着するホームは31〜33番のりば。特急はしだて・まいづるは、そのうちの31番のりばに通常は発着しています。なお、注意点としては、JR嵯峨野山陰線ホーム(31〜33番のりば)は京都駅の端に離れて位置していること。


JR奈良線やJR京都線などに乗り換えるよりも長い距離を歩く必要があり、どこにあるのかわからないと迷ってしまう人も少なくありません。とりわけ、新幹線からの乗り換えが分かりにくいという声が多かったりもします。
IMG_6835-82c18-thumbnail2.jfif
▲東海道新幹線「のぞみ」

京都駅(新幹線ホーム)からJR嵯峨野山陰線ホーム(31〜33番のりば)への具体的な歩行ルートについては次の動画をご参考に。

(動画)「新幹線 京都駅」から「JR嵯峨野.山陰線」 (京都駅 31番〜33番ホーム )への行き方

新幹線ホームから乗り換えるポイントは京都駅新幹線ホーム(3階)からひとつ下の階(2階)に降りたら、中間改札の「JR線中央のりかえ口」改札からJR在来線の改札内に入ること。

「JR線中央のりかえ口」改札を通ると正面に短めのエスカレーター、階段があるので上に上がり、2階通路を突き当りまで直進。突き当りを左折し、エスカレーター(または階段)でホーム階(1階)に降り、両側にはコインロッカーが連なる通路を直進すると、JR嵯峨野山陰線ホーム(31〜33番のりば)があります。

特急はしだては、京都〜福知山を走った後、京都丹後鉄道に乗り入れて天橋立駅へ向かう特急列車。特急まいづるは京都駅〜東舞鶴駅を結ぶ特急列車です。JR嵯峨野山陰線の時刻表は次の通り>>JR嵯峨野山陰線の時刻表(京都駅)

上記時刻表において、「特急はしだて」、「特急まいづる」が同時刻に出発する列車は福知山駅まで連結して走ります。乗り換えに要する時間ですが、上記動画を参照したとき、約5〜6分ほど。JRおでかけネットによると、標準乗り換え時間9分と記載されています。いずれにしても、京都駅構内の乗り換えであっても、それなりの距離を歩くということを、あらかじめ念頭に置いておいたほうがよさそうです。
スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。