20230108_123403.jpg

国鉄時代に中央西線で活躍していたキハ181系気動車「特急しなの」。500PS級大出力エンジンを搭載し、急勾配が連続する山岳区間も力強く走り抜けました。


20230108_123152.jpg

昭和43年(1968年)から昭和47年(1972年)にかけて158両が製造。しかし、昭和48年(1973年)に中央西線が電化したことで活躍の場を失っていきました。

20230108_123251.jpg20230108_123203.jpg

昭和50年(1975年)3月の改正によって「特急しなの」は全車両381系電車に置き換え。現在、キハ181系気動車「特急しなの」は愛知県のリニア・鉄道館に静態保存されています。

20230108_123051.jpg



スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。

 カテゴリ
 タグ