20230108_162447.jpg
超電導リニアが走る仕組みについて

超電導リニアは、特殊な磁性物質(超電導体)を活用して動力を供給する鉄道車両のことです。これらの超電導体は、特定の条件を満たし電流が流れると磁界を形成します。この磁界は、リニアモーター(特殊な電機)内にある磁石に対して働きます、そして、リニアモーター内の電流を変えることで車輪は回転します。

リニアモーターは、車両の下部に取り付けられています。超電導リニア車両は、特殊なトラック(線路)上を走行するため、普通の鉄道車両とは異なる配線が施されています。

超電導リニア車両は、鉄道車両よりも高速で走行することができます。走行時、摩擦による抵抗が少ないため、エネルギー効率が良く、環境面においても優しい鉄道車両とされています。

スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。