20230307_164322.jpg

広島といえば名物といえば、牡蠣の他に、穴子も外せない存在。ということで、穴子の駅弁を求めて、JR広島駅に立ち寄ってみました。

20230307_155942.jpg

広島駅にはさまざまな駅弁が売られていますが、その中でも人気商品のひとつである「夫婦あなごめし」を購入(1380円)。購入場所はJR広島駅新幹線上りホームにあるひろしま駅弁です。

20230307_155503.jpg

穴子のイラストの上に「夫婦あなごめし」と記されたインパクトのあるパッケージを開けると、醤油飯の上に、穴子が豪華に2本、まるで、仲の良い夫婦のように並んでいるのが目に飛び込んできました。2本の穴子は、折りたたまれた状態で2重になっていて、ボリューム感もあり。付属の秘伝のタレをかけていただきます。

20230307_160118.jpg

駅弁「夫婦あなごめし」に使用されている穴子は煮穴子。時間をかけて煮詰められていて、やわらかくてふっくらとした食感。旨味がギュッと凝縮されており甘辛い風味も豊かです。付属の専用ダレをかけると、より一層深みのある味わいになりました。醤油飯はほんのり醤油の味がついていて、決して主張をすることなく穴子の味を引き立てているのもまたよし。

20230307_162501.jpg20230307_160527.jpg

付け合わせの広島菜油炒めは口直しによく、穴子の骨フライはカリカリお菓子のような食感でお酒のつまみにも合いそう。穴子という、淡白な味の魚使った駅弁で、ボリューム感とうまみが想像以上に引き出されていて、また購入したいと思える駅弁でした。
スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。