20230307_164322.jpg

日本列島では時折、台風や大雨によって新幹線が運休になることがあります。いざ、乗車する予定だった新幹線が運休になったとき、新幹線のきっぷ(指定席)はどうなってしまうのでしょうか


新幹線の運休が決まったとき、とれる選択肢として「払い戻ししてもらう」「後続の新幹線に乗る」の2つが主に考えられます。


払い戻ししてもらう」という選択肢は、駅窓口にて、新幹線きっぷ(指定席)の返金をしてもらうということを意味します。新幹線が運休になった場合、新幹線きっぷ(指定席)は全額払い戻しとなります(手数料は一切かかりません)。


なお、払い戻しの期間は翌日から数えて1年以内でJR駅にておこなうことができます。こちらから申し出ない限り、払い戻しはおこなわれないので、運休になった当日、返金をおこなってもらうのがベストだと思います。

20230507_055026.jpg

次に「後続の新幹線に乗る」という選択肢。こちらは、天候が回復して後続の新幹線が動き始めたということが前提となります。後続の新幹線に乗車しようと思ったとき、座席については、後続の新幹線で空いている指定席に無料で変更してもらって乗車することができます


ただ、台風や大雨の後、動き出した新幹線は、混雑しており指定席が満席であるケースも少なくありません。そのようなときは、自由席を利用することができます


このように指定席が満席でやむなく自由席に変更したときは、事前に駅員さんや車掌さんに申し出ておくことで、特急料金の半額は払い戻しとなります(グリーン料金、グランクラス料金は全額払い戻し)。
スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。

 カテゴリ