この動画は、JR東京駅東海道新幹線から東北新幹線に、直接乗換改札を利用して乗り換える流れを示したものです。


東京駅では東海道新幹線、東北新幹線の敷地は分かれている

東京駅では東海道新幹線と東北新幹線では管轄がJR東海、JR東日本で異なっており、同じくJRの新幹線であっても敷地が分断されています乗り換えるとき、まず、その点をおさえておきましょう。

東海道新幹線から東北新幹線に乗り換えるルートはいくつかありますが、もし、両方のきっぷを持っていたら、直接乗換改札を利用することでスピーディーに乗り換えることができます。

東海道新幹線⇔東北新幹線の直接乗換改札を利用するには紙の新幹線きっぷが必要

注意しておきたいポイントとして、直接乗換改札は、2023年現在、ICカードなどの媒体を使用することができず、紙のきっぷにしか対応していません。改札を通る際は、紙の新幹線きっぷ(乗車券、東海道新幹線の特急券、東北新幹線の特急券)を通す必要があるということです。

逆にいうと、ICカード利用者や、東北新幹線に乗り継ぐ予定でも東海道新幹線の新幹線きっぷしか保有していない方の場合は、この改札は利用できないということになります。

ですから、東海道新幹線⇔東北新幹線の直接乗換改札を利用できる人は、2023年時点では全体のごく一部にすぎません。東京駅では2か所設けられており、利用方法は、自動改札機に紙の新幹線きっぷ(乗車券、東海道新幹線の特急券、東北新幹線の特急券)を全て通すと、東海道新幹線の特急券が回収され、乗車券、東北新幹線の特急券を受け取って、東北新幹線に乗車するという流れになります。

乗り換えに便利な東海道新幹線の号車

「直接乗換改札」に向かうまでの流れとしては、東海道新幹線を降車したらひとつ下の階に降り「東北・山形・秋田・北海道・北陸(長野経由)新幹線」と記された案内表示の矢印方向に歩きます。「直接乗換改札」の利用に便利な東海道新幹線の号車 は、6〜7号車です。エスカレーター、階段、エレベーターに分類すると、以下の号車ということになります。

エスカレーター:6〜7号車
階段:6〜7号車、11〜12号車
エレベーター:6〜7号車

※到着ホームによって東海道新幹線の停車位置は若干異なります。

スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。