新幹線で博多駅に到着してから駅の外に出るには、「出口」と記された案内表示を探し、その案内表示に記された矢印の方向に歩いていくだけです。

ただ、博多駅は広く、新幹線の構内から直接、外に出られる改札は、2ヵ所あります。それぞれ、「新幹線中央口」改札、「新幹線ひかり広場口」改札という名称です。ですから、もし、改札外で待ち合わせなどされる場合、あらかじめ、どちらかに決めておくのがよいでしょう

「新幹線中央口」改札、「新幹線ひかり広場口」改札それぞれの位置関係については、以下の構内図をご参考に。

JRおでかけネット 博多駅 構内図

いずれの改札に向かう場合でも、まずは、新幹線のホーム階(3階)から、2階に降りる形となります。

「新幹線ひかり広場口」改札は2階の東京寄りに位置し、一方の「新幹線中央口」改札は、2階からさらに1階に降りていっていったところにあります。そのうち、「新幹線中央口」改札を利用される場合、具体的には次の動画を参考に。




ちなみに、「新幹線中央口」改札と「新幹線ひかり広場口」改札は、実際に外に出てみると、距離としてはさほど離れていなかったりもします。


スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。

 カテゴリ
 タグ