20231220_075332.jpg
▲関西空港駅に停車する271系新型特急はるか

JR西日本が運行している特急列車「はるか」は、米原・京都と関西国際空港を結ぶ特急列車です。2020年から、この路線に新型車両271系が導入され、国内外の旅行者に対して、これまでにない快適さと利便性を提供しています。

スポンサーリンク








271系の革新的デザインと快適な乗車体験

新型車両271系は、「明るく、広く、静か」な乗車体験をコンセプトに設計されました。このデザインは、長時間の移動でも乗客がリラックスして過ごせるよう配慮されています。外観は、1994年から運行している281系のデザインを踏襲しながら、現代的な感覚を加え、特に前面貫通扉の設計が新しい車両です。


20231220_073705.jpg

▲りんくうタウン駅を通過うする271系新型特急はるかと停車する関空快速

リラックスできる座席と充電設備


座席は、ゆったりとしたスペースと深いリクライニング機能が特徴。長旅でも疲れにくい設計になっています。各座席にはAC100Vの電源コンセントが備えられており、携帯電話などの電子機器を充電できます。さらに、無料のWi-Fiサービスが提供されているため、インターネットを通じた仕事やエンターテインメントを楽しむことが可能です。

20231220_075357.jpg

▲ハローキティのイラストで彩られた271系新型特急はるかの座席

荷物置き場と車椅子対応トイレの充実


車両内には2段の荷物置き場があり、大型のスーツケースや荷物も安心して収納でき点も便利。車椅子対応の大型トイレも設置されているため、身体障害者の方々も安心して利用できます。

20231220_075404.jpg

▲大型スーツケースも収納できる271系新型特急はるかの荷物置き場

多言語対応とハローキティの特別デザイン


車外行先表示機はフルカラー式LEDを採用し、日本語、英語、中国語、韓国語での表示が可能です。また、車体やシートカバーにはハローキティの装飾が施されており、子供から大人まで幅広い年齢層に楽しんでもらえるデザインとなっています。


JR西日本の特急「はるか」の新型車両271系は、その快適性、アクセシビリティ、多言語対応など、国内外の旅行者のニーズに応えるために設計されています。新しい車両の導入により、京都や関西国際空港へのアクセスは、より快適で便利なものになりました。この新型車両は、日本の公共交通の未来を示すモデルとして、多くの注目を集めています。


スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。